レッスンの方針・その2

ブログ内にて

オーボエワンポイントレッスン」連載中♪

 

音楽的なもの、その方の表現したいものは

その方の中に既にある!と信じて、

それを引き出すことが、私の役目だと思っております。

 

レッスンでは、

その方の表現したいものを妨げていることを取り除き、

もっと表現したいものを引き出す。

 

それは具体的にどのようにするのか。

 

フィジカル的な問題点をまず洗い出します。

例えば、アンブシュア、姿勢、お腹の支えの確認。


そして、人それぞれ、骨格や体格は違うもの。

型にはめてしまうのでは、

その方にとって最良の方法、姿勢などを見つけていく。


自分にしか吹けない、オーボエの音色を一緒に追及してまいりましょう!